テレビ番組で紹介!全国普及率No.1の速読訓練。英語の速読能力を身につける教材。高校・大学受験、英検、TOEIC、TOEFLなど各種英語試験の長文読解もサポート。ビジネス英語の速読にも! 【ポイント10倍+特典】新・速読セルフトレーニングセット【英文版】(日本語と英文の速読トレーニングを収録)

価格:¥53000- カードOK 送料込 税込み


■商品コード:eigo:10000507
新・速読セルフトレーニングセット シリーズファミリー版家族4人で速読訓練ができる。 小1から始められる内容で、勉強や社会人のスキルアップに最適。 ビジネス・資格取得版時間の無いビジネスパーソン、受験生に最適。短時間で学習効率アップを可能とし、記憶力、理解力もトレーニングできる。英文版ビジネス・資格取得版に英文コンテンツを大幅アップ。TOEICスコアアップや仕事で英語を使う方のために。■動作環境OS:Microsoft Windows 2000 / XP / Vista / Windows7動作確認済み(Windows専用) ※日本語版のみ対応CPU:Pentium300MHz・Celeron300MHz以上メモリ:1GB以上(各OSの推奨スペックをご参照ください。)ハードディスク:通常のWindowsの稼動に必要とされる空き容量+10MBディスプレイ:VGA以上のディスプレイ(640×480pixels以上)※1024×768ピクセルを超える解像度でご利用の場合、ご使用のディスプレイ・ビデオカードによっては上下左右に余白が表示される場合があります。ディスク装備:CD-ROMドライブおよび、1.44MB 3.5インチフロッピーディスクドライブ※以上はあくまでも「推奨」であり、これより低いスペックで動作することもあります。また、環境により推奨範囲であっても動作しない場合もあります。 ■セット内容● 速読セルフトレーニングプログラムソフト CD-ROM● 速読【英文版】セルフトレーニングプログラムソフト CD-ROM● 速読トレーニングテキスト(小冊子)● 速読記録用紙(小冊子)● 書籍「速脳速読のすすめ」(134ページ)● 書籍「王様の剣」(190ページ)● 巻紙教材● 速読CD-ROM操作マニュアル● メンバーシップカード(日本速脳速読協会が発行したカード)※VOAニュースフラッシュの書籍は付属しません。(コンテンツとして収録。)PDFファイルは[英文版CD-ROM]に収録されています。ご購入者様は日本速脳速読協会からのサポートを受けられます。 日本速脳速読協会のフリーダイヤルによるサポートセンターを完備。速読トレーニング基本プログラムや「よくある質問」はこちら■新・速読セルフトレーニングセットこの速読訓練教材は速読教室に通わずに自宅でできるもので、速読効果がはやく現れる教材です。日本No.1の速読訓練の実績を持つ株式会社ウィザス・グループ、SRJ、日本速脳速読協会が開発。速読のノウハウを分からない方でも、簡単に速読法を身につけて速く読める能力、読んだ内容を記憶する能力を実につけることを目的としています。そのため学校の成績アップやセンター試験、大学入試、TOEICなどで高得点を出すなどの実になる結果・効果を期待できます。また、忙しくて資格試験の勉強やスキルアップの勉強ができないビジネスパーソンや高校生、大学生が短時間で効率よく学ぶ学習方法を身につけることができます。速読教材は3種類ございます。家族で4名まで速読訓練ができる「ファミリー版」と日本語と英文の両方の速読訓練をする「英文版」、ビジネスに活かせる速読力を養える「ビジネス・資格取得版」です。 1200万部のベストセラー「頭の体操」の著者 多湖輝氏は『これからの子供たちにも大人たちにも、大いに期待できる知的武装術だと思う』と驚いた速読トレーニングでもあります。速読はアメリカでは学生から大統領まで幅広く活用されており、アメリカの大統領は、速読ができないと任務を果たせないという理由から、就任後は速読トレーニングを実践して処理スピードを高めるそうです。国内外から毎日送られてくる膨大な情報量に対する武装手段として、カーター元大統領や故ケネディー元大統領も速読を習得し、そのメリットを自伝に書いているほどです。速読を身につけると学力向上だけでなく、速読記憶の向上、右脳開発、能力開発と自己啓発など、眠っている潜在意識を呼び起こし速読記憶で合格の方程式を得ることも期待できます。この新・速読セルフトレーニングセットの中の速読トレーニングはテレビでも紹介されました。その一部をご紹介します。★「ズームイン!!SUPER」(日本テレビ)2010年6月9日放送カリキュラムに速読を取り入れる塾が増え、中でも日本速脳速読協会の速読訓練ソフトを採用している市進学院の生徒は、英語の長文がスラスラ読めるようになったと、効果を実感していました。 ★「とくダネ!」(フジテレビ)2010年3月18日放送速読セルフトレーニングを開発した日本速脳速読協会の速読訓練ソフトを使用している市進予備校津田沼校が紹介され、「生徒の国語の偏差値が平均で約10上がった」「60分の国語問題を30分で解き終わった」など速読法の効果を紹介。★「所さんの目がテン!」(日本テレビ)2009年10月24日放送速読セルフトレーニングを開発した日本速脳速読協会の速読家と速読トレーニングソフトを紹介。★「シャキーン!ザ・ナイト」(NHK教育テレビ)2010年1月13日放送★「シャキーン!」(NHK教育テレビ)2010年1月20日放送速読セルフトレーニングを開発した日本速脳速読協会の速読家を紹介速読を習得すると速く読めるだけじゃなく、読んだ内容を正確に覚えられる傾向もあり記憶力も高まると考えられます。その実験をテレビ「所さんの目がテン!」で一般の大学生と日本速脳速読協会の速読家が行って実証した形となりました。速読は大脳(前頭連合野など)の働きを活性化し潜在意識に秘められている能力を引き出すと考えられます。速読は潜在意識を広げ、英語の場合でも速読を身につけるとわからない英単語が出てきても思考をストップさせずに知っている英単語を追いかけ、全体像が理解できていくようになります。もちろん英語も速く正確に読めるようになるので英検、TOEIC、大学受験に効果的です。速読法を身につけると一生の宝になると思います。余談ですが速読法で視力が改善したという体験があるのも脳の働きによるものと考えられます。脳に関する秀逸フラッシュ教材で脳科学の久保田競(くぼたきそう)教授が開発にたずさわった500倍速 記憶力 秀逸フラッシュDVDがございます。久保田教授の奥様である久保田カヨ子様(くぼたのうけん)はフジテレビ「エチカの鏡」に何度も出演し、「一流の脳を作るためのカヨ子ママ0歳育児法7カ条」などを紹介し脳科学おばあちゃんとして広く知られている方です。速読は文字を読むための読書法であり、いろいろな言葉で表現されています。フォトリーディング、スピードリーディング、速読術、速読法などさまざま。2010年3月に発表された脱「ゆとり教育」で理科・算数とも教科書の厚みが3割増しになるということから学習効率を高めるために速読が注目されています。当商品は精読しながら速く読む速読術を身につける訓練といえます。速読はいままで多くのテレビ番組で紹介されてきました。NHK ためしてガッテン(ためしてがってん)「脳元気! ラクラク速読術」、シャキーン!、エチカの鏡、世界バリバリバリュー、特命リサーチ、スーパータイム、所さんの目がテン!、とくダネ!などです。4月3日のテレビ朝日「やじうまプラス」の土曜版『やじうまサタデー』内の「やじサタ調査隊」で、当商品の速読トレーニングとその効果が紹介されました。同番組内でアナウンサーが速読訓練を行い、読む速さが2倍になっています。脱「ゆとり教育」で教科書のページ数が増えるため、学校関係者も速読法に注目しています。さらに、5月2日(日)放送の「エチカの鏡」(フジテレビ系)でも速読を紹介。「目を鍛えると脳が鍛えられる」というテーマで当速読教材を開発した日本速脳速読協会の会員様(市進予備校の生徒様)が取材を受けました。「エチカの鏡」では学習面の効果を上げるために、目のトレーニングを行っているとして取り上げられ、「目を鍛えて成績アップする予備校があった!目を鍛えれば運動神経もアップ!」など速読訓練の効果が紹介されました。目を鍛えれば脳が活性化して鍛えられるという内容は書籍などで言われてきましたが「エチカの鏡」ではそれを学習、医療、スポーツなどをとりあげながら眼を鍛えることで様々な分野で良い影響があることを紹介。6月9日(水)放送の「ズームイン!!SUPER」(日本テレビ系)でも速読を紹介しました。「ズームイン!!SUPER」では「速読ブームを調査」というテーマで速読教室や学習塾での速読の導入実績を紹介。当速読教材を開発した日本速脳速読協会の速読トレーニングを活用して、成績アップにつなげている市進予備校・市進学院や堀江スクールを紹介。インタビューを受けた生徒さんは「英語の長文読解もスラスラ読めるようになりました」と言っていました。現在、全国100箇所以上の予備校や学習塾で日本速脳速読協会の速読トレーニング教材を採用しているとの情報もあり、速読がブームになっていると伝えていました。新・速読セルフトレーニングセット【英文版】(日本語「ビジネス・資格取得版」と英文速読トレーニングを収録)新・速読セルフトレーニングセット【英文版】自宅にて独学で、効果的に速読術を身につけられるように 日本速脳速読協会が開発した速読訓練教材です。英文版の速読トレーニング機能は、日本語版の「ファミリー版」の基本的なオートトレーニング等と変わりませんが、それに加えて、英文速読コンテンツが多数収録され、日本語と英語の両方の速読を習得するお得なセットです。日本語の速読トレーニングコンテンツに加えて、英文コンテンツを多数収録。大量の日本語、英文を短時間で読みこなせるようになるので、TOEIC・TOFEL等の資格試験はもちろん、 留学、仕事におけるメールや英文資料、英字新聞や趣味で読む英文原書においても重要なスキルになる速読を習得するセルフトレーニングセットです。高校生〜社会人の方が対象。この速読トレーニングは1日たったの15分〜20分。3ヶ月で最低でも2〜3倍のスピードアップ。ただ見ているだけの速読トレーニングです!日本語だけではなく、英語の速読力も訓練できるバイリンガル速読キット。ノンネイティブが1分間で読める単語数は100〜150。ネイティブが平均500語前後と言われるので、この速読訓練の教材でリーディング速度を3〜4倍に高め、ネイティブ並みに読める訓練ができます。 新・速読セルフトレーニングに関する詳細はこちら日本語の速読基本トレーニング版に加えて以下の英文コンテンツが追加されています。 VOAニュースフラッシュ 2004年度版(41作品)VOAニュースフラッシュ 2003年度版(74作品)VOAスペシャル・イングリッシュ・シリーズ はじめて聞くニュース英語(40作品)いずれも中学から高校初級の語彙、文法レベルがあれば理解できる内容です。 この速読トレーニングソフトは日本速脳速読協会が開発し、速読教室に通うことなく、自宅でパソコンやテキストを使って、独学で速読力をアップできるようにつくられた速読トレーニング教材です。日本速脳速読協会からのサポートを受けられます。★「ズームイン!!SUPER」(日本テレビ系)6月9日放送「速読ブームを調査」というテーマで当商品「速読セルフトレーニング」を開発した日本速脳速読協会の速読訓練を活用して成績アップにつなげている市進予備校や堀江スクールを紹介。さらに速読トレーニングで視野を広げサッカーや野球など、スポーツにも効果があることを検証。速読トレーニングでバッティングセンターの150キロの球が打てるようになるのか実験も行われました。★「エチカの鏡」(フジテレビ)2010年5月2日放送「目を鍛えると脳が鍛えられる」というテーマで当商品「速読セルフトレーニング」を開発した日本速脳速読協会の速読訓練ソフトを使用している市進予備校を紹介。市進予備校では速読の講座を開講して受講生の平均偏差値が10も上がったことが紹介。★「やじうまプラス」の土曜版『やじうまサタデー』(テレビ朝日)2010年4月3日放送当商品の速読トレーニングとその効果が紹介されました。番組内でアナウンサーが速読訓練を行い読む速さが2倍に。★「とくダネ!」(フジテレビ)3月18日放送当商品「速読セルフトレーニング」を開発した日本速脳速読協会の速読訓練ソフトを使用している市進予備校津田沼校が紹介され、「生徒の国語の偏差値が平均で約10上がった」「60分の国語問題を30分で解き終わった」など速読訓練の効果を紹介。★「シャキーン!ザ・ナイト」(NHK教育テレビ)2010年1月13日放送 ★「シャキーン!」(NHK教育テレビ)2010年1月20日放送速読セルフトレーニングを開発した日本速脳速読協会の速読家を紹介★「所さんの目がテン!」(日本テレビ)2009年10月24日放送速読セルフトレーニングを開発した日本速脳速読協会の速読家と速読トレーニングソフトを紹介 インタビューを見るこの速読トレーニングを開発した日本速脳速読協会の担当者様、速読受講生、速読教室の講師様がインタビューに答えた動画です。『プレジデント Family Club 公式サイト』で掲載された速読紹介映像。※動画内の速読トレーニング内容の一部は速読教室や学習塾専用です。当速読セルフトレーニングセットにはないもの含まれております。ご了承下さい。 地方検察庁で採用されている信頼性バツグンの速読トレーニングです。高松市地方検察庁にて当教材を使った研修風景(下の写真)高松市地方検察庁にて当教材を使った速読研修が実施されました。目的は、業務上の書類や資料を的確に理解しながら「処理スピード」を高めることです。2時間のトレーニング終了時には、平均で約2〜2.5倍の読書速度の向上が見られ、参加者の皆様も驚きを隠せませんでした。1,000名の対象者を6つのグループに分けて調査した速読トレーニングの結果です。(グラフ左)読むスピードが4倍アップ!1回目の速読トレーニングでは1分間に読む語数がどのクループも平均600だったものが、16回目の速読トレーニングで2,000語以上に前グループが上がっています。平均すると1,000名が約4倍の読書スピードになった結果が出ています。※日本人平均の読書速度は分速400文字新・速読セルフトレーニングセットの体験談や速読の仕組みの詳細はこちら≪新・速読セルフトレーニングセット【英文版】で可能になること≫たくさんの本を読めるようになる日本語の読むスピードが最低でも2〜3倍にアップ自分の時間を有効に使えるようになる中学、高校などの受験勉強が効率よくはかどる国家資格などの難関資格試験も、限られた時間を活用して合格の可能性アップ理解力や記憶力のアップする受講者も多数インターネット時代のウェブ情報も瞬時に読み取ることが可能になる速読では文字をイメージとしてとらえるため、右脳の活性化につながる映画などの字幕を瞬時に理解できるようになる英文メールや資料、英字新聞や洋書をすばやく読んで内容を理解できるようになる大量の英文を短時間で読みこなせるようになるのでTOEIC/TOEFLなどの英語長文対策に大学/大学院留学などを希望する方にも最適日本の有名国立/私立大学の英語の受験対策に購入後もフリーダイヤルによるサポートセンターを完備しています。余裕の速読堀川直人著 サンマーク出版内容紹介「頭の体操」の著者多湖輝氏も驚いた速脳速読!なぜ、速読はこんなにも国際的に普及しているのか?500を超える教室で5万人の読書スピードを平均3倍まで引き上げた驚異の成果を実践現場から最新レポート。(表紙帯より)右脳速読 本は読むな!見ろ! 田島安希彦著 ゴマブックス内容紹介「頭の体操」の著者、多湖輝氏激賞!「右脳速読」は「生きる力」の重要な要素!情報型社会に欠かせない知的武装術!「実社会で活躍できる能力をみにつけさせたい」というニーズが高まっていると言われています。「生きる力」の中で重要なのは「自学力」。「速読」は「生きる力」教育の重要な方法となるでしょう。(表紙帯より)澤口俊之氏(北海道大学医学研究科 元教授、人間性脳科学研究所 所長)このシステムの速読と脳のかかわりを調査してみて驚いたのは、右脳の前頭葉が主に働いているという点です。普通、速読ができない人が本を読めば、主として左脳が働きますが、速読読みをしている人の脳は左半球・右半球がともに活性化しています。これは言語システムとしても興味深いことです。このように脳をうまく使うことができることで読書スピードを高めるだけにとどまらない様々な効果が期待できるツールと言えるでしょう。澤口俊之氏はテレビ「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ)や「天才をつくる!ガリレオ脳研」(テレビ朝日)に出演しています。 ■発送と送料について現在の発送・在庫状況:ご注文時に発送日をお知らせします。お支払方法、発送について詳細はこちら領収書が必要な場合はご注文時のコメント欄にてお申し付けください。※海外発送の場合は国別で送料が必要です。


レビュー平均:3.5
 
商品カテゴリ
おすすめサイト
ゴールドカード